記事一覧

院長の独り言

2018.07.11 ・・・

こんにちは院長の徳丸です。
ダイエット・メタボ改善プログラムの3回目です。
ある病院で実際にあった話です。50代の女性ですが、糖尿病で手足を切断する手術を受け、病院で車イス生活をしていました。さぞかし、これからは甘いものを控え健康に気をつけてと思いきや1階の売店で、菓子パン、ジュース、お菓子を買って隠れて食べていたそうです。
一般の方々には信じがたいことでしょうが、これは、脳へ十分な糖分が届いていないために、脳が虚血状態となり、脳が「売店で買って食べろ~」と命令しているからです。本人はわかってはいるけど甘いものを摂ることをやめきれないのです。その方は絶対に首のコリがひどい、ドロドロ血液という状態で脳が虚血をおこしているはずです。
ダイエットの基本は、最も重要な脳への血流アップを図りながら、血糖値を1日1回は下げることです。血糖値が下がらないと、皮下脂肪は燃焼しません。ですから、1日3食、ご飯やパンをキチンと食べていては、ダイエットは無理です。その上、間食にお菓子、論外です。昼か夜は軽め、もしくは、1日1.2回、白米やパンは、抜きましょう。大丈夫です。脂肪という立派なエネルギーの備蓄タンクがありますから、飢餓状態にはなりません。
あきらかに太っている人で長生きする人は、ほとんどないです。90歳以上のお年寄りって、どういうイメージですか?やせているおじいちゃん、おばあちゃんというイメージが強いでしょう。長生きの基本は標準体重からやや、やせ気味です。
体重は寿命とも関係すると思ってください。
肥満はどうしても、血液循環系に悪影響を与え、心臓、血管は過度に負担がかかります。
動脈硬化や血管を圧迫!血圧も上がります。
ところで、エジソンはあの当時から1日1食だった
そうです。エジソンは当時から、みんなは食べすぎだ!と警告していたそうです。
エジソンの首は柔らかく脳は血流がよく、十分な酸素、糖分、その他栄養が届いていたはずです。だから、1日1食で済んでいたわけで発明王になったのでしょうね。たぶん。

ファイル 76-1.png

院長の独り言

2018.03.01 ・・・

甘い誘惑に負けない? 栄養満点♪笑顔満点♪の学校給食!

こんにちは!院長の徳丸です。もうすぐ新学期スタート♪
「行ってきま~す♪」子供たちが元気よく学校に行くのは親としての喜びですよね。
最近、食育が重要視され学校での食育に対する取り組みが盛んになっています。給食の献立も栄養士さんがしっかりと栄養バランスを考えて作られているので子供たちが残さずに食べることは身体にもいいことです。よく給食を残す子の場合、自宅での間食でお菓子やアイス、炭酸飲料などの摂り過ぎの子が多く見受けられます。つまり、脳に必要な糖というガソリンを過剰摂取していることになり、結果的に脳は常に満腹状態となり食事を受け付けきれないというわけなのです。(主食である白米やパンは糖ですから) 満腹は満腹でも、ビタミン、ミネラル、たんぱく質などの必要成分が不足状態に陥りやすいので、脳疲労も起こしやすくなり、そのためさらに甘いものを食べたり、飲んだりするという悪循環になりやすいので要注意です。 
ですから、学校給食をしっかりと残さず食べるということは子供たちにとって栄養の補給とともに正しい食生活習慣を続けるうえで肝心なことなのです。そして、子供はエネルギーを補給する肝臓と筋肉が完成していないので、朝食を摂らないと脳がガス欠になり勉強に集中したり運動で力を発揮できません。子供は朝食を絶対摂るべきなのです。
ところで、私達大人はというと肝臓と筋肉は完成していますので、いつでもエネルギー補給できます。逆に食べ過ぎていないかが気になるところ!
大人の場合、朝はたくさん食べるのではなく、軽めに食
事をとるとか、新鮮な野菜ジュースだけにするなどの工
夫が必要です。ちなみに、首が凝っている方は脳に血流
が行き届きにくいのでどうしても食べ過ぎてしまいます。
従って首の凝っている方はダイエットは院長の独り言絶対に無理です。
くれぐれもお母さんのご飯より給食の方が美味しいと
言われないようにお母さん方も頑張りましょうね♪笑 

ファイル 73-1.jpg

院長の独り言

2017.11.05 ・・・

朝一番のジョギングには気を付けましょう!

こんにちは!院長の徳丸です。院長の独り言睡眠中に血液の水分は汗として体外に、そして尿として膀胱に溜まっていて、身体はドロドロ血液の脱水状態になっているのです。車でたとえれば、ガス欠寸前の状態なのです!そんな状態でいきなり走り出すとジョギングの途中でさらに脱水し、完全にガス欠を起こし、心臓に負担がきてしまい心筋梗塞をおこしてしまう方もいるのです。大変!ですから、朝起きたらしっかり水を飲みましょう。運動しなくても朝一番、水を飲んで脳、心臓に酸素を届けてあげましょう。(宝水)水をしっかり飲むことで身体の細胞は目覚め、血液もしっかり流れ出します。目覚めてから、せめて30分から1時間はくつろいで、身体をほぐし、そのあとジョギングをすることをお勧めします。
 若い頃は、花形スポーツ選手として活躍されていたお父さんほど,、気をつけてください。気持ちだけは20代で、準備運動もしないで、いきなり走り出すんです。(けっこう多いんです!笑)危険!危険!心臓がパンクしますよ。
また、走っていると、足がつることがあります。足の痙攣です。もちろん日頃の運動不足もありますが、水不足、マグネシウム不足が原因です。マラソンやスポーツの試合で痙攣をおこしてしまった場合は、水、自然塩(化学合成の塩化ナトリウムでは、だめです。)を補給しましょう。
筋肉の収縮は筋肉細胞にカルシウムが入ることでおこります。マグネシウムは筋肉細胞に入るカルシウム量の調整をおこないますが、マグネシウが不足して、カルシウムの調整がうまくいかないと、筋肉が強く収縮してしまい、痙攣やふるえなどの原因になるのです。よく、スポーツ栄養ドリンクだけを飲んで、水を飲まない方がおりますが、だめですよ。そういう方ほど脱水をおこして、痙攣しやすいのです。足がよく痙攣すると言うことは、心臓も痙攣しやすくなりますよ。
日頃からマグネシウムの豊富なひじき、昆布などの海藻類そして緑黄色野菜を食べる習慣をつけましょう。

ファイル 72-1.jpg

ページ移動