記事一覧

院長の独り言

2017.05.01 ・・・

こんにちは、院長の徳丸です。

近頃、よく新期の患者さんに聞かれるのでお答えします。
「他院では、歯石を取るときに麻酔をしなかったのに、徳丸歯科では麻酔をするのは何故ですか?」です。
①まず、知って頂きたいのは、麻酔をしても余分にお金はかかりません。つまりただです。
ただと言うことはお金も手間もかけ体調の心配をしながら、麻酔をしているのです。
②麻酔をしないと一番やっかいな深いところにある歯石を取れません。歯肉に塗る表面麻酔でも5㎜を超えるところにある歯石を取ろうとすると痛くてダメです。痛いところは炎症があるためで一番悪い所なのです。
③麻酔をしないで歯石を取るのは不可能ですから歯石を取り残してしまいます。絶対に。
④ちなみに、虫歯の治療、歯の型とり、抜歯など全て、麻酔は無料です。例外は、下の親知らずの難しい抜歯と下の歯の麻酔の効きにくい神経の治療の時だけです。
⑤徳丸歯科で、歯石を完全に除去しても、悪玉細菌は残ります。ですから、3~4か月後は又、もとの炎症のある歯肉の状態に戻ります。
 
 もし、悪玉細菌を除菌できれば、再感染しない限り、ずっと、きれいな状態をたもてます。悪玉細菌だらけの口腔内を除菌できれば、全身が健康になります。

この除菌治療が当院で勧めています。世界最高水準の歯周病治療「PRP」です。
今現在の日本の保険制度では、できないので自費治療となりますが、麻酔をしないで歯石取り治療とはレベルがちがいます。(笑)

ファイル 69-1.jpg