記事一覧

院長の独り言

2019.05.10 ・・・

 朝一番のジョギングには気をつけましょう!
 こんにちは!院長の徳丸です。朝起きたては、人間の60兆の細胞はまだ目ざめていません。血液にいたってはドロドロ血液状態です。睡眠中に血液の水分は汗として体外に、尿として膀胱に溜まっていて、身体は脱水状態になっています。車でたとえれば、ガス欠寸前の状態です。そんな状態でいきなり走り出すとさらに脱水し、心臓に負担がきて心筋梗塞を起こしてしまいます。大変! ですから、運動しなくても朝一番、水をしっかり飲んで脳、心臓に酸素を届けてあげましょう。(宝水)水をしっかり飲むことで身体の細胞はスイッチオンの状態になります。血液もしっかり流れ出します。目覚めてから、せめて30分は、くつろいで、体操で身体をほぐし、そのあとジョギングをすることをお勧めします。若い頃、花形スポーツ選手として活躍されていたお父さんほど、気をつけてください。気持ちだけは20歳のお父さんは、準備運動もしないで、いきなり走り出すんです。(けっこう多いんです!笑) 危険!危険!心臓がパンクしますよ。
 運動しなくても、足がつることがあります。足の痙攣(けいれん)です。もちろん日頃の運動不足もありますが、水不足、マグネシウム不足が原因です。痙攣をおこしてしまった場合は、水と自然塩(化学合成の塩化ナトリウムでは、だめです。)を補給しましょう。にがりでもけっこうです。マグネシウムが豊富ですからね。筋肉の収縮は筋肉細胞の中にカルシウムが入ることによっておこります。マグネットが不足して、カルシウムの調整がうまくいかないと、筋肉が強く収縮してしまい、痙攣やふるえなどの原因になるのです。痙攣をよくされる方、気をつけてください。心臓も痙攣して止まりますよ。よく、スポーツ栄養ドリンクだけを飲んで、水を飲まない方がおります。そういう方ほど脱水を起こしやすくなり、痙攣しやすいのです。血管も筋肉細胞でできているので、マグネシウムは弾力性のあるいい血管を維持するために欠かせない成分なのです。脳梗塞、心筋梗塞予防にマグネシウム補給! 日頃からマグネシウム豊富な天然塩、ひじき、昆布などの海藻類、そして緑黄色野菜を食べる習慣をつけましょう。最後に、健康で長寿の方は、若い頃から、身体を動かすことをやり続けてきた血液循環のいい人だということを覚えておいてください。

ファイル 99-1.jpg

院長の独り言

2019.03.02 ・・・

靖国神社参拝

 こんにちは、院長の徳丸です。先日、勉強会の合間に靖国神社の正式参拝に行って参りました。これまでも通常の参拝には行っておりましたが、昇殿しての参拝は初めてでした。一般的な参拝は正面の大鳥居向こうに見える拝殿にての参拝です。この拝殿の奥に御本殿があり、正式参拝に申込むと玉串料を納め、神職の方に案内され、本殿にて大鏡の前でお祓いを受け参拝するのです。御本殿に行ったのは初めてですが、都会の真ん中である事を忘れるような厳かな佇まいで身が引き締まり緊張しました。
 「英霊の皆さま、この国を護るために戦って頂き、本当に有難うございます。その貴い振る舞いのおかげで私達が今生かされております。甚だ未熟者ではありますが、皆さまが護らんとしたこの国を護ってまいりたいと思っております。どうか安らかにおられてください」と心に思い、巫女さんに頂いたお神酒を御本殿に向かって飲み干し、又、参拝させて頂くことをお約束させて頂きました。
 {靖国神社への参拝は「顕彰」けんしょうであって「慰霊」「追悼」ではない}との言葉を耳にすることがあります。「顕彰」とは、その人の功績などを世間に知らせ、表彰することであり、靖国神社の参拝はあくまで英霊の皆さまの功績を讃え、感謝することで、決して「慰霊」→霊魂を慰めることではないという事ですね。
 ついでに言うと「追悼」→死者を偲んで、悼み悲しむこと。「慰霊」に近い感覚でしょうか。「慰霊」「追悼」ではないというのは確かにその通りなのだろうと思うのです。例えば、小泉さんが首相時代、靖国参拝の理由について、「心ならずも戦場に赴いた人々に哀悼を…」のようなことを言った事について、戦後30年近くフィリピンで終戦を知らず戦い続けていた、あの小野田寛郎さんが言っています。「既婚者は、家族を遺して死ぬことに心残りもあったかもしれないけれど、独身の若い者たちは自分が先頭に立って戦わねば、と皆思っていた。年寄りを前に立たせたって仕方ないのですから。若い人は覚悟を決めていました。「心ならずも」なんていう気持ちで特攻機に乗れますか?」「心ならずも…」などと言われると何か侮辱されているようだとも仰っておられたそうです。
 国を護るため、家族を護るため命を賭してこの誇り高き任務に赴いた。もちろん死にたかったわけではありますまい。しかし「イヤイヤ戦地に送り込まれ、不幸にも命を落とした哀れな犠牲者」などと扱われるのはまさに「侮辱」でありましょう。そういう意味では「慰霊」だけでも「追悼」だけでもだめでしょう。英霊の皆さまに感謝し、魂が安らかである事を祈る。政治問題などと関係のないところで参拝する私は、まず「顕彰」があり、慰霊」「追悼」の念をもつ、それで良いと思っております。
和歌山の話題や最新情報

和歌山県の最新ブランド情報主要ブランドを多数取り揃え、 店内にはブランドの世界観を存分に体感して頂けるコンセプトブースを設けております。
和歌山に関するニュース・速報一覧。和歌山の話題や最新情報を写真、画像、動画でまとめてお届けします。

ファイル 98-1.jpg

院長の独り言

2019.01.07 ・・・

冬の味覚特集♪ ~知らないと顔が赤くなるのはアスタキサンチンのせい?~

 院長の徳丸です。新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。
 さて、冬の食材として楽しみなのが、カニ、ウニ、イクラ、サケなどの海産物!ところで、サケの卵がイクラというのは皆さんご存じですが、では「イクラ」の語源は? 実は、イクラという言葉はロシア語で「魚の卵」「小さくて粒々」という意味がありキャビアやたらこも、イクラと言うそうです。ただし、サケの卵を「赤いイクラ」、キャビアのことを「黒いイクラ」と呼ぶそうです。 イクラにはアスタキサンチンと呼ばれるカロチン色素成分が多く含まれ、これは抗酸化力がビタミンEの500倍あるそうで、これには驚きです。アスタキサンチンは脂肪に溶ける性質を持ち、細胞の中に入り込み活性酸素を除去して血液サラサラ効果があります。また、イクラにはビタミンB、E、Aも含まれ動脈硬化予防にもつながります。
 
 冬の味覚の代表格といえばカニ!子どもからお年寄りまでほとんどの方が好きな食べ物です♪カニには多くの栄養成分が含まれております。カニにはタウリンが豊富に含まれていて、血圧を正常に保ちます。さらに心肺機能の強化、貧血の予防、悪玉コレステロールの減少、胆石や動脈硬化の予防、疲労回復や視力アップなどのさまざまな効能があります。また、タウリンには生活習慣病の予防や、心機能の強化、アルコールの解毒など忙しい現代人ににぴったりの効果があります。タウリンには過剰摂取の心配がないので、たくさん食べてくださいね。(カニアレルギーの方以外!)カニは甲羅や殻にカルシウムをたくさん含みます。丸ごと食べられる種類のカニ(サワガニなど)を丸揚げにしたりして食べることで、骨粗鬆症の予防ができます。パリパリとお菓子感覚で、おいしくカルシウムを摂取しましょう。
カニをゆでたら赤くなるのは、強い抗酸化作用をもつアスタキサンチンというカロチン色素のためです。カロチンは体内でビタミンAに変わり、動脈硬化やがんの予防、老化の抑制などの効果があります。
 冬の食材はどれも健康増進に優れており、お勧めです♪

ファイル 93-1.jpg

ページ移動